toggle
2021-06-11

大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2021

越智良江が参加します。

大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレThe Echigo-Tsumari Art Triennial)

新潟県越後妻有地域(十日町市、津南町)で開催される世界最大規模の国際芸術祭。

「人間は自然に内包される」を理念に、
新潟県越後妻有地域の約762平方キロメートルの広大な土地を美術館に見立て、
アーティストと地域住民とが協働し地域に根ざした作品を制作、
継続的な地域展望を拓く活動を目的とする芸術祭である。

大地の芸術祭は
「交流人口の増加」
「地域の情報発信」
「地域の活性化」
を主要目的としたアートプロジェクトである。

越後妻有という地名は地図上に存在する名称ではなく、
古くからこの地域が「妻有郷」と呼ばれたことに由来する。

2005年4月に合併で新「十日町市」が誕生したが、
芸術祭では旧市町村に由来する
川西エリア、
松代エリア、
松之山エリア、
中里エリア、
十日町エリア、
津南エリアの計6つのエリアが設定されている。

    Featured Video Play Icon 市原湖畔美術館 《Artists’ Breath―コロナ禍の中、アーティストはいま》  
  • コロナの今と後に向けて 台本を書きます
  • 2021.4月公演 「ドップラー」 出演者オーディション
  • -->